2ch.net

【まとめサイト】大手サイトが続々2ch.scに大移動!!!?

1:2014/04/22(火)21:23:12 ID:
「2ちゃんねる」分裂騒動の真相… 
創始者・ひろゆき氏が内情暴露し新版を公開

世界最大級のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」が揺れている。
創始者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏(37)とみられる人物が、
インターネット上で「2ちゃんねる」の所有権をめぐる争いが起きていることを暴露。
現体制に対し「サービスを乗っ取った不法行為」として法的措置をとる可能性を示唆し、
新版の「2ちゃんねる」を立ち上げた。
私生活では結婚を発表したばかりの西村氏だが、一体、何が起きているのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140422/dms1404221528013-n1.htm

2ch.scをまとめる大手まとめ
痛いニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1794606.html
アルファルファモザイク
http://alfalfalfa.com/archives/7221630.html
ニュー速クオリティ
http://news4vip.livedoor.biz/archives/52017392.html
続きを読む

【悲報】ひろゆきが新設した2ch.scが過疎すぎて潰れそう!?

no title


1
:2014/04/17(木)13:33:15 ID:
ひろゆきが新設した2ch.scが過疎すぎて潰れそう!!

西村ひろゆき氏の下、鳴り物入りでオープンされた2ch.sc。
オープン前は相当な注目が集まっていたが、
同サイトは現在、レスの書き込みがあまりにもなさすぎて
完全な過疎サイトとなっている。
もともと2ch.netからdatファイルを取得し、
反映させる仕様だった2ch.scは
ジムワトキンス氏のコピーを防ぐ防衛策により、
自動コピーができなくなってしまったのだ。

「2ch.scは、2ch.netのレスが見られる上に
scオリジナルの書き込みまで加わる上位互換サイトですー」。
ひろゆき氏の当初の説明もむなしく、
2ch.scにはほとんど人が定着していない状況だ。
2ch.netの住民からすれば特にひろゆきに深い思い入れがあるわけではなく、
「移動する理由がない」ということらしい。

netgeekでは、現存する3つの2ch掲示板をデータで比較する試みを行った。
2ch.sc、おーぷん2ちゃんねる、2ch.netのニュー速+板の
レス数と書き込みの勢いを比較してみたのだ。
その結果、やはり2ch.scが圧倒的に過疎化していることが判明した。


■2ch.sc

勢いがなさすぎるうえに、レスが数レスしかついていないというひどい有り様だ。
ざっと見た感じ、平均レス4、勢い50といったところだろうか。
ひろゆき氏が傘下にスレ立て人や削除人を集めて力を入れているのに
この結果とは。なんとも残念だ。

■おーぷん2ちゃんねる

おーぷん2ちゃんねるのニュース速+を見てみるとそれなりに賑わっている。
ひろゆきとジムの不毛な争いにも巻き込まれず、
まとめブロガーを味方につけて、うまく漁夫の利を得ているという印象だ。
このまま長く続いていくのではないだろうか。

■2ch.net

ニュー速+のURLが変更になったせいでJaneStyleで見られなかったので
代わりにニュー速+とほぼ同じの規模のニュー速を使用した。

やはり長年運営されている本家ということでかなり勢いがある。
一時はひろゆきの「ジム傘下にてボランティアで働いている人も同罪とみなす」という警告で
スレ立て人がいなくなり、スレが立たなくなるのではと心配されたが、
問題なく賑わっているようだ。

自分がつくりあげた2ch.netを敵にまわして戦うことになったひろゆきは、
現在ボランティアを味方につけ、弁護士も雇ってジムと戦っているが、
まだまだ先行きは暗い。未だ専ブラも対応しておらず、
ジムが海外に在住していることから訴訟は長期戦になりそうだ。

気になるのはひろゆき氏の財力がどこまで持つのかということだ。
2ch.scは今の規模から考えて大赤字のはずだ。
億万長者のひろゆき氏でも貯金はいつかは底をつくし、
再び2ちゃんねるの権利者と名乗りでたことで民事で
賠償金を請求されるリスクも高まった。
長期戦になれば、現在収入が途絶えており、
投資できる金額に限りがあるひろゆき氏は圧倒的に不利なのだ。


ソース
netgeek
http://netgeek.biz/archives/9809
続きを読む
問い合わせ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセス解析
  • ライブドアブログ