朝日新聞

【安定の朝日新聞】 もう河野談話に疑義をはさむのはやめるべきだ!!!

朝日


1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/06/21(土) 23:03:21.10 ID:???0.net
慰安婦検証―問題解決の原点に返れ

慰安婦問題をめぐる93年の河野洋平官房長官談話について、
政府はきのう、作成過程などの検証結果を国会に示した。
談話の文言をめぐって日韓両政府間でかなり細かなやりとりがあり、
一部は韓国側の意向を受け入れたが、日本政府の独自の調査に基づいてつくった。
最終的には韓国側と意見が一致した――。そんな概要である。

両政府のやりとりからは、双方とも難しい立場を抱えながら
問題を解決しようという強い意志が感じられる。
検証チームの但木敬一座長も「談話を出すことで
未来志向型の日韓関係をつくろうとした」と語った。

この検証が行われたのは、日本政府が行った元慰安婦の聞き取り調査の
信頼性を問題視する声が上がったからだ。
談話の作成過程を明らかにすることで韓国を牽制(けんせい)する狙いもあったのだろう。

しかし、報告書は次のように指摘している。
資料収集や別の関係者への調査によって談話原案は固まった。
その時点で元慰安婦からの聞き取りはまだ終わっておらず、
彼女たちの証言を基に「強制性」を認めたわけではない。

安倍首相はかつて、慰安婦への謝罪と反省を表明した河野談話の見直しを主張していた。
だが、国際社会からの強い反発もあって、河野談話を見直さないとの方針に転じた。

もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ。
報告書は、河野談話やその後の「アジア女性基金」について、
韓国政府が一定の評価をしていたことも明らかにした。

韓国にすれば、日本側から秘密にしようと持ちかけられていたことである。
それなのに了承もなく、一方的に公表されるのは信義に反することになる。

続きを読む

【これぞクズ】50代朝日記者が泥酔して記者会見出席し罵声をあびせる!!!

朝日新聞


1: DQN ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 23:19:26.92 ID:???0.net
朝日新聞千葉総局の50代記者が、千葉県庁で夜遅く行われた会見に
泥酔した状態で出席し、机を叩いたり会見者に暴言を
吐いたりしていたことが明らかになった。


深夜に突然開催が決まった会見に「ほろ酔い」状態の記者が
招集されることは珍しくないが、実際に大トラを演じて
会見を邪魔するのは珍しい。

会見は22時過ぎに始まった

問題が起こったのは、千葉県庁で2014年5月20日に開かれた
「社会福祉事業団問題等第三者検証委員会」(座長・佐藤彰一弁護士
)第8回会合後に行われた会見。この第三者委員会は、知的障害の
ある児童らが入所する袖ケ浦福祉センター「養育園」(袖ケ浦市)で、
入所者の少年=当時19=が職員から暴行を受けて死亡した事件を検証するために
設置されている。会合自体は非公開で、会合後の会見で座長がその内容を
説明することになっている。この日の会合は21時45分まで行われ、
会見は22時10分ごろから始まった。

第三者委員会を担当している県庁の健康福祉部障害福祉課は
「会見の内容以外についてはコメントする立場にない」と口が重いが、
総合企画部報道広報課では、「会見に出席した記者のうち泥酔した人がいて、
登壇者に対して不適切な言動をした」と明かす。
関係者によると、委員会事務局の県職員に「無能」などと罵声を浴びせたり、
机を叩いたりしたという。

朝日新聞広報部「不適切な発言などで会見の進行を妨げたのは事実」

朝日新聞社広報部は、
「ご指摘の記者会見に当社の記者が出席し、不適切な発言などで
会見の進行を妨げたのは事実です。関係者におわびするとともに、
本人には厳重に注意しました。
今後このようなことがないよう に記者教育の徹底に努めます」
と事実関係を認めるコメントを出している。

会見で記者が酒に酔って暴れるのは珍しいが、
11年4月には、東京電力本店1階のプレスルーム兼会見場で
フジテレビの記者が飲酒や焼き肉をしていたとして問題になったことが有名だ。


続きを読む

【朝日新聞】日本はまともじゃないと発言か!!?

朝日新聞


1
:2014/03/20(木)05:29:53 ID:
★天声人語

聞いてみるものだ。やきそばなどで有名になった「B―1(ビーワン)グランプリ」は、
いわゆるB級グルメが集う催しというと間違いになるという。
B―1のBは地域ブランドのB。「ご当地グルメでまちおこしの祭典」という位置づけだ

▼たしかに以前は「B級ご当地グルメの」と称していたが、
いきさつがあってB級をはずした。くわしい説明は祭典の公式サイトにある。
主催団体の「愛B(アイビー)リーグ」事務局に電話をしたら教えられた

▼なぜ電話をしたかといえば、愛Bリーグの相談役でグランプリの審査もしている
石毛直道(いしげなおみち)さん(76)がきのう、
南方熊楠(みなかたくまぐす)賞にきまったからだ。
世界的な碩学(せきがく)にちなみ、博物学や民俗学ですぐれた業績をあげた人に贈られる。
石毛さんは文化人類学者で、国立民族学博物館の元館長である

▼世界の食文化をテーマに新しい学問を切り開いた。対象は民衆の食べものだ。
現地で食べなければ絵に描いた餅だと、アジアやアフリカを「鉄の胃袋」で
制覇した。B―1とのかかわりも、むべなるかな

▼酒も大好き。作家で友人の故小松左京さんがつけた
「大食軒酩酊(たいしょくけんめいてい)」の雅号を気に入っている。
日本酒を愛し、日本文化を愛する。
清酒を復権させる活動にも携わる

▼隣人が外国出身の人、それが当たり前になって日本はやっと普通の国になる――。
14年前、参院の憲法調査会での発言を思い出す。

将来の国のかたちについての意見だった。
日本を愛することと世界に開くことの調和を、一身に具現しているような人である。


続きを読む

【朝日新聞】日本から韓国に金を出させたくて必死すぎ!!!!

朝日新聞


1
:2014/05/09(金)21:50:53 ID:
歴史認識問題などをめぐって日韓関係が悪化するなか、
日本では「嫌韓」が、韓国では「反日」が高まっているように見える。
だが、韓国では歴史認識問題や領土問題を除いては、日本に対する認識、
イメージは決して悪くないことが、「コリアリサーチ」が実施した
世論調査結果から浮き彫りになった。

この調査を提起した東アジア文化交流協会の厳鎬烈(オム・ホヨル)顧問(68)は、
日韓の国民が、政治外交的な対立と経済・文化・民間の交流を分けて考え、
さらなる協力を模索するべきだと訴える。

世論調査は、長年にわたり日本語学院や日本語教材出版の
事業に携わってきた厳さんが、経営判断をするにあたり
、コリアリサーチに依頼した。

だが、動機はそれだけではない。
3月に日本を訪れた際に書店に「嫌韓」の本が並び、
有力週刊誌までが「嫌韓特集」をしている状況を目の当たりにした。
また、嫌韓を主張する日本人たちは「韓国が反日国家だから、
自分たちも嫌韓でなければならない」と確信しているというような印象を受けた。

こうした状況を変えていくためには、今の韓国人が日本に対して
どんな認識を持っているのかを知る必要があると考えたという。

3月15日に実施した世論調査では、「韓日両国が互いに助け合い、
協力し合う関係に発展していくべきだと思うか」という質問で、
88・3%が「そう思う」と答え、「そう思わない」は11・2%だった。


「日本が韓国にとって重要な国だと思うか」では、「重要」が76・2%に対し、
「重要でない」が23・1%。「韓日の政治外交的な対立と、
経済・文化・民間交流は分けて考えるべきだと思うか」との問いには、
78%が「そう思う」と答え、「そう思わない」は21・1%だった。

「日韓首脳会談が行われるのが適切か」では、
「適切」が66・4%、「適切でない」31・8%だった。

ソース
http://www.asahi.com/articles/ASG575G1HG57UHBI025.html


続きを読む

【マスゴミ】元朝日新聞主筆 の若宮啓文「いっそのこと竹島を譲ってしまったら、と夢想する。もともと漁業のほかに価値が乏しい無人島だ」【朝日新聞】

no title


1
:2014/05/01(木)16:04:41 ID:
79年に取材で初訪韓した若宮氏と韓国との深く強いつながりは、
単にハングルの読み書きができるというだけではない。

慰安婦問題は河野談話以降、沈静化していたが、11年、
韓国の司法裁判所がこのような判決を下し、急展開するのだ。

「韓国政府は元従軍慰安婦への損害賠償を
日本政府に認めるように交渉しないのは違憲だ」


翌12年、若宮氏は、朝日新聞のコラムで野田佳彦総理(当時)に向け
慰安婦問題の対策をこう提言した。

〈何より必要なのは届いていない「首相のおわび」を彼女らに伝えることだ〉

続いて彼は、韓国の東亜日報に、ハングルでこんなコラムを執筆したのだ。

〈[若宮の東京小考]おばあちゃんたちに伝えたい首相の謝意〉

日韓両方で日本の「土下座」ムードをたきつける一方、
「韓国と語る」では無自覚に現在の日韓関係を憂いてみせる若宮氏。
国際問題アナリストの藤井厳喜氏は、こう断罪する。

「慰安婦の人権が大事なら、どうして日本人慰安婦のことに触れないのでしょうか。
人権問題は普遍的な問題で、国で差別をしてはいけないでしょう。
そういうことが視野に入ってこないというのは、本当のリベラルや左翼ではありません。
進歩的文化人と呼ばれた層の最後の化石のような人間という印象を持っています」

また、「新しい歴史教科書をつくる会」で事務局長を務めた、
札幌国際大学の大月隆寛氏は、こう切り捨てるのだ。

「マスコミやジャーナリズム、大学など、社会の『良識的』とされてきた
領域にだけ棲息してきた人物でしょう。
『戦後』的価値観の最大公約数を煮詰めて標本にしたような、
クローンみたいなものかと思います」

発言するたびに日本で物議を醸す若宮氏だが、韓国では大モテだ。
中央日報に登場すれば、このように大ヨイショされる。


〈日本社会における重量感だけでも尋常ではないが、
韓国人にとってはさらに特別な存在だ〉

朴槿恵大統領(62)就任時には、かねてからの知り合いということで面会を許されている。

韓国に実効支配されている竹島について、若宮氏は05年に
こんなコラムを朝日新聞で執筆している。

〈いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。
見返りに韓国はこの英断をたたえ、島を「友情島」と呼ぶ。(略)
「国賊」批判が目に浮かぶが、いくら威勢がよくても戦争できるわけでなく、
島を取り返せる見込みはない。もともと漁業のほかに価値が乏しい無人島だ〉

この程度の認識が朝日新聞の主筆なのである。

〈前編のみ抜粋〉

ソース
アサ芸+
http://www.asagei.com/22459
続きを読む
問い合わせ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセス解析
  • ライブドアブログ