大島優子

【キモすぎwww】小林よしのり(60) 大島優子にキモエール!!!

no title


1
:2014/03/17(月) 20:19:12.15 ID:
小林よしのりさん、大島優子さんにエール!
「卒業したら、恋愛も結婚もしたまえ。
ただし、不倫はわしとしかダメだぞ!」


NMB48渡辺美優紀のお泊り報道に小林よしのりさん
「みるきーは特別だったから……」「熱烈なファンが可哀そうで泣けてくる」
という記事をお伝えした。
NMB48の渡辺美優紀さんの「お泊り報道」が週刊文春にスクープされ、
熱心なAKBファンとして知られる
小林よしのりさんがショックを受けた、というもの。

ショックが大きかったのか、週刊文春の発売前日である12日から
ブログにAKB関連のエントリーをいくつもアップしていた小林さん、
14 日には『深夜、ふと感極まって、優子にメッセージ』というエントリーをアップした。

以前、

小林よしのりさん「大島優子卒業は国民的関心事だ。NHK会長はわかってない」
という記事で、紅白歌合戦にて大島優子が
AKB48卒業宣言を行ったことに対しての
NHK会長の発言について、小林さんが意見したことをお伝えしたが、
今回は 「週刊文春の記者から聞き出したが、
大島優子は何社も張ってるから気をつけろ!」 と注意を促している。
しかし、大島さんはAKB48からの卒業が報じられており、
スキャンダルが出たとしても自由だと語る。
そして大島さんに卒業後の恋愛、結婚、出産を勧め、最後に
「ただし、不倫はわしとしかダメだぞ!」と結んでいる。

小林よしのり(60)
 

大島優子(25)
no title

続きを読む

【大島優子】 卒業後は「女優」と宣言!!

大島優子


1
:2014/02/26(水) 20:29:19.79 ID:
AKB48の大島優子(25)が日本テレビ系「一番ソングSHOW」に出演。
AKB卒業後は「女優業をやりたい」と明らかにした。
また「19歳の時には卒業を考えていた」とも告白した。

大島はこの日の番組で、アイドルからロックバンド
「LINDBERG」のボーカルに転身した
渡瀬マキに「私、卒業したら女優業をやっていこうと思っているのですが、
ファンの方は応援してくれるのでしょうか」と相談。
渡瀬は「私は、スーーッと(ファンが)いなくなりました」と
アイドル卒業後について告白すると、大島は苦笑いしていた。

番組ではまた、大島が「19歳の時から卒業を考えていた」と告白。
「19の時はボヤ~ッと(卒業を)考え始めて、
リアルに(卒業が)見えてきたのは22、23の時」と話した。

卒業を考え始めた理由について、「体力的にきついから」と笑顔で明かし、
体力的な問題のほかに「ここ以外にやりたいこと(女優)があった」と説明した。

大島は3月の国立競技場ライブ(29、30日)で
卒業セレモニーを行うことが発表されている。
またファンイベント「大島優子感謝祭」が3月23日に
幕張メッセ、5月5日にインテックス大阪で
開催される。

 大島は最近もドラマ「安堂ロイド」(13年10月放送開始)出演や、
映画「SPEC」(13年11月公開)に出演するなど、女優業が増えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000066-dal-ent
続きを読む

【AKB48 大島優子】 ブログで紅白での卒業発表理由語る「大切な場所に、大切な場所から、きちんとお別れしたいという思い」

大島優子


1
:2014/01/04(土) 17:57:36.46 ID:
 大みそかのNHK紅白歌合戦で
AKB48からの卒業を発表した大島優子(25)が4日、
自身のブログを更新。紅白で卒業発表したことと
卒業を決断した理由についてあらためてつづった。

 大島がブログを更新するのは卒業発表後初めて。
新年のあいさつをするとともに、
「2013年最後に突然の卒業発表で驚かしてしまいましたね」と
ファンへの気遣いをつづった。

 卒業発表の場にAKBの劇場公演ではなく
紅白を選んだことについて「秋葉原発のアイドル
グループとしてエーケービー48ではなく
アキハバラ48と呼ばれている当初から憧れであり、
とても大切で思い出が詰まっている場所です」

紅白への思い入れを告白。「そんな大切な場所に、
そして大切な場所から、きちんとお別れしたいと思い
紅白歌合戦での卒業発表をさせていただきました」と
説明した。

 目標は「日本を代表する女優」という大島。
「AKBを卒業したら紅白に出させていただくチャンスは無いでしょう」とし、
「もしそのチャンスがあったとしたなら、しっかりと卒業後の自分の夢を積み重ねた時ですね
いつの日か、女優・大島優子として審査員席に呼ばれるように…」と女優として実績を重ねて
審査員として紅白に帰ってくるという夢を掲げた。

 気になる卒業時期については「はっきりしていないので決まり次第、すぐに報告します」。

 また、卒業の理由については「次のステップへ進みたいと強く思うようになりました
AKBに可能性がないわけではなくAKBにいる私が
進めるのはここまでのステップまでで次を担うメンバーに明け渡すことが
私の役目でもあると」と前向きに考えて下した結論であると告白。
決断を後押ししたのが総合プロデューサーの秋元康氏(55)の
「楽な道と苦しい道が二択あるとしたら、苦しい道を行け茨の道を選ぶんだ」という
言葉だったということも明かした。

続きを読む
問い合わせ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセス解析
  • ライブドアブログ